引っ越し 平日

引っ越しが安くなる曜日は…

新年度を迎える春や、学校の長期連休前など、引っ越しされる方が多いのではないでしょうか。また、急な転勤、賃貸物件の退出期限などで急いで引っ越ししなければならないケースもあります。

いずれにせよ、引っ越し費用をできるだけ安くしたいという場合には、引っ越しの曜日について注意する必要があります。ではどういう日が引っ越し料金が安い曜日なのでしょうか。

カレンダーで平日、休日をチェック!

引っ越し料金が安くなる日は、「他に引っ越しをする人があまりいない」、つまり「トラックやスタッフに余裕がある時」です。引っ越し業者にとってみれば、トラックやスタッフが余っているくらいなら、料金を多少安くしてでも契約をとって、仕事を入れるほうが良いからです。

引っ越しは基本的に日中にするものですので、ごく一般的なサラリーマン家庭では平日ではなく、休日にする人が多いです。つまり「土・日・祝日」が多いということになります。となると、平日は引っ越し業者が比較的空いており、引っ越し料金も安くなる可能性が高いと言えます。

さらに言えば、土曜日に引っ越しをして、翌日曜日にある程度片付けをしてしまいたいと考える人が多いため、土曜日が一番引っ越しをする曜日として人気の高い日(=高い)と考えられます。引っ越しが安い曜日をまとめてみますと、1.平日 2.日曜日 3.土曜日 という傾向がいえるのです。

さらに、料金に大きな差が出てくるのが時間帯。料金が最も高いのは午前開始になっています。つづいて午後早めの時間で、最も安いのはフリー便。

フリー便とは、時間帯指定をしないもので、業者の都合に合わせます。3月などの繁忙期になると、夕方出発して作業が終わるのは夜間というケースも増えてきます。ただし全く時間がわかならないわけではなく、多くの業者で前日までに、およその目安時間を連絡してくれるようになっています。

夜間に移動するトラック

とはいえ、各引っ越し業者の混雑・予約状況は、その時々のタイミングによって全く異なります。また同じような予約状況でも、その日のトラックの向かう先は様々。

午前の便のお客さんがA市からB市への引っ越しで、あなたが午後の便でB市からC市に向かうのであれば、業者は作業スタッフとトラックを効率的に配車でき、値下げしやすくなる場合もあります。このようなことは、多数の業者に見積もりをとってみないとわかりません。

また、この業界に定価の料金はあってないようなものです。引っ越しの料金は、基本的には、日取り、輸送距離、荷物の量によって決まります。ただ、定価で決まることはほとんどありませんよね。結局、業者の言い値次第なんです。

ですので、最安値を探すなら複数社に見積もりを取り、複数社で見積もりをしている前提で交渉しないと料金は、ほとんど安くなりません。。

「日通は4万円だった、アート引越センターは3万円だった」こんな風に、こちらで相場を見極めながら交渉しなければ、営業マンの思うペースですすめられてしまいます。そこでおすすめなのが引っ越しの一括見積もり

このサービスは、日通、クロネコヤマト、アート引越センターといった複数の業者に一括で見積を依頼でき、各社の料金を比較して一番安い業者に決められます。

平日の引っ越し作業風景

料金をちゃんと比較してみたら、先日見積もりした業者の半額になった、土日なのに平日より安い激安業者が見つかった、そんなこともよくあります。ともかく、まずは各社の値段を較べてみましょう。


引っ越しの一括見積もりはこちら。1〜2分で完了します!


料金はもちろん無料になっています。相場だけ調べて、他の業者に依頼しても構いませんので、一度、各社の料金を調べてみてください!

以上、引っ越しを安くする重要なポイントは、平日などの曜日と時間帯に加えて、各社のその時々のタイミングによって異なる。さらには、交渉をしないと値下げしづらいということを覚えておいてください。

引っ越しは大安にするのがよいのでしょうか

冠婚葬祭など、人生の一大イベントの時以外はあまり気にする事のない「六曜」。「大安」「赤口」「仏滅」「友引」「先負」「先勝」などの文字がカレンダーに書かれています。引っ越しも大きなイベントの一つといえますし、この「六曜」、一度気になると「大安」にこだわって引っ越ししたくなりませんか?

「六曜」とは6日を一つの周期として順番に繰り返されています。引っ越しや結婚などで良い日とされる「大安」。この言葉は「大いに安し」ということで、まさに吉日です。新居で新しい生活を始めるにあたって、よりよい日にしたいという人は多いでしょう。また結婚も同じく、人生の新たな出発点。「大安」にこだわる人は多いですよね。

逆に「仏滅」は、「仏も滅するような大凶日」。くじ引きでも「大凶」と出るとちょっと憂鬱になってしまいますが、やはり「仏滅」ではお祝い事を避ける人が多いようです。引っ越しも縁起の悪いといわれる日にわざわざしたくないということで避けられがちのようで、引っ越し業者としても閑散日だったりします。ですので、業者によっては「平日仏滅割引サービス」を行っているところもあるようです。費用を抑えたい場合にはいいかもしれません。

あくまでも本人の気持ち次第です。一度気になったら、どうしても気になってしまうもの。料金が多少高くとも、大安に気持ちよく引っ越しして、新居で幸せな生活を送る、というのも良いですし、まったく気にしないというのも、おおいにアリです。


免許証や住民票や銀行などの手続きは? 平日しかできない引っ越しの手続き


引っ越しの際には公共料金や業者の手配など数多くの手続きをしなければならないので、忙しくなることでしょう。インターネットによる申請を受け付けているものも増えていますが、平日にしかできない手続きもありますので注意しなければなりません。そこで今回は、平日しかできない手続きの中でも重要なものといえる住民票と免許証の住所変更について説明していきましょう。住民票については同一市町村、あるいは同一区内での引っ越しになる場合は、最も近い役所の窓口で転居届または転入届を提出します。他の市町村に引っ越す場合は、その前に転出届を役所に提出し、証明書の交付を受ける必要があります。引っ越しの後でも転出届を出すことは可能なので忘れないようにしましょう。引っ越しが終わったら転居先の役所に転入届を提出します。いずれの場合も転居後14日以内に本人確認書類、印鑑、保険証を持って役所に届け出ることになります。免許証の住所変更は転居先の警察署や運転免許センターで受け付けています。手続きの際に必要になるのは運転免許証、新住所が記載されている書類、印鑑です。場合によっては写真も必要なことがあるので確認しておきましょう。これらに運転免許証記載事項変更届を加えると手続きが可能になります。なお、警察署では平日の17時までが受付時間ですが、免許センターでは平日以外も受け付けているところもありますので、確認をしてください。


引っ越し関連サイトのご紹介

建て替え、リフォーム、契約日の都合など、トランクルームでの荷物の一時保管なら、引っ越し業者での預かりサービスが便利!
引越しの預かりオプション。荷物をトランクルームに一時保管!
http://www.xn--u8jxa8mz64p9s9b4gn.com/

なにから手をつければいいの? やり残したことはない? 引っ越しやることリストはこちら!
引っ越し準備でやることは…|お役立ち情報ムーブマン!
http://www.mrsf.net/

 

サイトマップ